サブプライムローン&金融危機

最近、アメリカで浮上したサブプライム問題。欧米のみに限らず、日本、ヨーロッパ共に経済が危ないと言われています。でも、根本的な問題は何なのか、理解している人は少ないのではないのだろうか。

そもそも、「リーマンブラザーズショック」と名称された金融危機はどうして訪れたのか。AIGは、何故アメリカ政府からの補助を受けられることになったのか。

まず、アメリカの小さな銀行がバブルの時代に、所得が低く、ローン返済ができるのか分からないような人たちにも金貸しをし、その不良債権を証券会社(例:リーマン)に売りました。銀行は、返金されないかもしれないという不安から、その債権を手放すことを考え、証券会社にその権限を売ることにしたのです。それらの債権を「証券」という商品に替えて投資家たちに、分散して売っていたのが証券会社です。ただ、あまりにも、リスクが高い(ハイリスク・ハイリターンとも言われるように)ことから、様々な証券を混ぜて一つの『商品』として売りました。しかし、投資家がその中身の分からないような商品を買うはずがありません。そこで、AIGのような大手保険会社が保険を付けてその証券を売っていたのです。

ローン返済ができず、家を手放す人々が増え、破綻してしまう人が出てきました。そこで、リーマンブラザーズのような証券にスペジャライズしていた企業は、投資家からの信用を失いました。ただ、分散されていたため、『商品』の中身が何なのか理解していない投資家たちは、証券を売ることも買うこともできずに、お金の流れが停滞してしまい、金融不安が広まりました。

そこで、大きな損をするかもしれないと思った外国の投資家たちは、日本で投資していた株を売り払い、現金にしました。そのことにより、日本の株価が下落。売る人が増えれば、値段が下がるのは当たり前。

金融危機と言われているけれど、経済回復のために誰よりも早く対処していくのは金融業界です。これから、金融会社に更なる期待が高まります。そして、何よりも、貸し渋り、買い渋りを防ぐための政治の働きにも注目です。実際、私のような庶民の生活に大きな変化があったというわけではありませんが、経済の動きを把握することも、私たちの義務であると思っています。

政治経済は、おもしろくないかもしれない。遠い存在かもしれない。でも、人間は基本的に、知っているだけで安心することもあるし、得することもあると思います。

リーマンブラザーズは、華やかで、エリートな雰囲気が漂う会社でした。もう無いなんて信じられないけれど、これからその他の金融企業が学ぶきっかけになったのかな、と思います。

日本特有の地名が、他国にも存在?

これらの商標登録は、買い手をだましていることと同じ。日本には、こだわりと誇りを持って、お茶やお米を生産している人たちがいるのに、全く違うクオリティーの物をブランド物のように売られてしまっては、悲しい。モラルが欠けすぎていて、あきれてしまった。(毎日新聞6月12日)

環境とエコノミー

環境に優しい車が誕生。今まで、スタイルを重視してきたマツダがこうした車を販売するのは、ちょっと意外。

“水素とガソリンの両方を燃料にできる「水素ロータリーエンジン」に、電気モーターやリチウムイオン電池を組み合わせてハイブリッド化した。1回の水素補給での航続距離が、ハイブリッド化する前の2倍の200キロメートルに伸びたほか、出力を40%高めた。” 水素は酸素と結合して水となるので、燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないという。nikkei

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。